FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんて意味のない

行く先もわからない今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

今日は変態定義の一つ「フェチ」についてのお話です。
一言でフェチといっても、今で言うフェチは何でもありです。
性的興奮を覚えるが、一般的ではないという意味で藍雪のフェチは
「悪堕ち」ですね。
この一言に全てが要約されています。
悪堕ち。いい言葉です。
萌えます。
ただなかなか共感は得られないようです。
まぁそれはいいとして、身体部位によるフェチってのはまだ浅いのだと認識します。
指フェチ、声フェチ、髪フェチ、色々ですが、藍雪から言わせるとそんなのフェチじゃなくてただの注目点でしかありません。
人間を好きになる順番として、藍雪が一番信用しているのが
「最初に好きになったのは声、それから背中と整えられた指先、時々黙りがちになる癖」
という某アニソンです。
ただ、問題がありまして。
ただしイケメンに限る。なんですよね。
イケメンの定義は個人によるものですが、少なくとも藍雪は無理ですね。
おおよそまともな神経を持つ人間が好むタイプではありません。醜悪ではないと思いたいものですが。
今のフェチは人物ありきですね。
悲しくなります。
藍雪髪の毛が大好きです。長いなら無条件で好きです。
つか短いのはお断りというか、伸ばせといいたい。
似合う似合わない以前に、女の髪が短いのは見苦しい。
ここまで断言出来て初めてフェチと言えるのではないでしょうか。
なんでもかんでも
フェチとつければいいものではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍雪

Author:藍雪
三十路です。魔法使いになれません。
童貞じゃないからでしょうか。残念でなりません。
そんなダメ人間藍雪は一応SMとか人間とかを愛しています。藍雪なりに。
縄は好きです。
縄は裏切りませんから。
もはや末期の徒然なる日々の記録と思考です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。