FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛をください

恋はときに急ブレーキな今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

知り合いに何故か怒られる藍雪です。
「お前はホントの恋をしたことがないんだ!」
はい、多分その通りです。
というか、藍雪の好意は束縛具合で表現されるので理解され難いだけかもしれませんが。
本気で惚れたら当然監禁するべきでしょう。
鎖に繋ぎ、精神を壊して初めて「安心」と「環境」が生まれます。
人間関係を限定し、友人その他を全て排除し身内のみで固めれば何ら問題も起きません。
完結、カッコ閉じる、言い方は色々ありますが、これが不完全なため衝突が起こるわけです。
藍雪が離婚したのはこれをすることを諦め「まぁ、好きにしてください」と放り投げたためでしょう。
ま、相手の言い分も薄ら寒いものがありましたが。
やはり、恐怖と褒美による世界を一人で完結させるのには非常に気力が必要です。
この気力こそがいわば世間一般でいう「本当の恋」なのでしょう。
恋人、連れ合い何でも構いませんが、所詮他人。
しっかり縛らなければ、予想外の行動を起こされ予定が狂うこともあります。
よく考えてみてください。
浮気はダメだと世間はいいます。
さて浮気とはの定義は人それぞれです。
パターン化されてはいるものの。
女側でよく聞くのが「比べられない」という謎の心理です。
男側でよく聞くのは「お前が一番だ」という謎の心理です。
全て当事者ではなく、第三者へ比較してのお言葉ですね。
究極の上から目線です。
セックスをする=浮気ではないでしょう。
優先順位が別の人間へ移る=浮気とも違う気がします。
第三者と比較することが浮気でしょう。
男でも女でも、街中で一緒にいて相手の視線が別へ向いたらそれはもう色々終了でしょう。
藍雪の元嫁さんの言ですが、藍雪の身内は女だから嫌だ。
でも自分の友達は問題ないから仲良くしろ。男もいるけど、友達だから別にいい。
意味がわかりませんね。
事実関係はまるっと無視するとして状況だけで見てみましょう。
元嫁さんの友達。その友達の彼氏。そして元嫁さん。
三人でお泊り。
NTRだなぁって思われても仕方ありませんね。
このようなことが起こらないためにも、監禁は必要です。
可能性の芽を全て潰してこそ純粋に必要な物だけが残るのですから。
それを怠った藍雪がいけなかったと言われればそれまでですが。
「本当の恋」なる幻想を抱くなら、幻想を実現すべく労力と気力が必要なわけです。
ということを、こんこんと語ったところ、ドン引きされました。
何ら間違ったことを言っていないだけ残念でなりません。
相手の意思なんぞ尊重して、いいことなどありません。
逃げているだけですね。
本気で執着をするなら、意思なんぞ破り捨てて燃やさなければ、執着とはいえないでしょう。
恋やら愛やらというのは個人に対する執着なんですから。
とてもエネルギーを使う行為なだけに、思うことといえば、そんな面倒なことするくらいなら引きこもりますというだけですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍雪

Author:藍雪
三十路です。魔法使いになれません。
童貞じゃないからでしょうか。残念でなりません。
そんなダメ人間藍雪は一応SMとか人間とかを愛しています。藍雪なりに。
縄は好きです。
縄は裏切りませんから。
もはや末期の徒然なる日々の記録と思考です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。